相続税対策で養子は、有効?無効? 2017.1.31最高裁

 相続税の節税を目的にした養子縁組が有効かが争われた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(木内道祥裁判長)は31日、無効とした2審・東京高裁判決を破棄する判決を言い渡し、有効とした1審・東京家裁判決が確定した。

 節税を目的にした養子縁組は富裕層を中心に行われており、従来の運用を追認する内容となった。

 相続税は、相続人が増えれば課税されない基礎控除枠が広がり、税率にも影響するため、養子縁組に節税効果があるとされてきた。

 裁判で有効性が争われたのは、2013年に死亡した男性(当時82歳)が、長男の息子である孫と生前に結んだ養子縁組。男性の長女と次女が無効を求めて提訴した。2審判決は、長男が税理士を連れて節税メリットを父親に説いていたことから「相続税対策が中心で男性に孫と親子関係を創設する意思はなかった」として養子縁組を無効と判断していた。

 

 かねてから争っていた裁判「相続税の節税を目的とした養子縁組は有効か?」について、

 判決は、、、、、「有効!!」

 いやー、よかったですね。

 

 最高裁は、「相続税の節税を目的とした養子縁組」を有効と判断しました。もちろん、判断は訴えに対して下したものなので、これにより養子縁組の全てが有効となるわけではないですが、「無効」となるのはものすごく限定的となるはずです。