アフラックが日本支店を法人に

 米国に本拠を置く、米保険大手アメリカンファミリー生命保険(アフラック)は5日までに、日本拠点の形態を支店から株式会社(日本法人)に変更する方針を決定したと発表しました。

 社名も変更する予定。日米の金融当局の認可や契約者との手続きを完了させ、2018年中ごろの移行を目指すとのこと。

 取締役会と監査役会を置く法人とすることで経営判断を迅速化し、透明性を高める。

 資産運用部門の分社化を併せて行うという。

 アフラックは「現在の契約や保障内容、サービスに一切の変更はない」とコメントしました。  

 

 アフラック全体の売上高に当たる保険料等収入の約7割を日本支店が占めているが、本社は米国のため、日本の金融庁の監督が十分に行き届かず、金融庁は現地法人化を求めていました。