太陽光発電、買い取り申し込み保留?グリーン投資減税は?

 一部の電力会社では、太陽光発電設備の急増により安定的な電力供給ができなくなるとして、再生可能エネルギーによる発電設備の接続申込みに対する回答を保留しているということが話題となっています。

 そもそも買い取り価格が高く設定されており、破綻は不可避であったといわれているこの制度ですが、これと同時に運用が始まったグリーン投資減税に関してはどのようになるのでしょうか。

 売電用の太陽光発電設備は売電が始まってはじめて事業の用に供したといえるため、電力会社との電力受給契約が未成立で、系統連系工事の実施の見通しが立たない状態の発電設備については、事業の用に供していないことから、グリーン投資減税を適用できないとされています。

 

 グリーン投資減税についてはこちら⇒

 

 わが国のFIT制度設計に問題がなかったのか疑問です。