火災保険の長期契約停止

 損害保険各社は、来年10月以降に受け付ける火災保険の補償期間を現在の最長36年から最長10年まで短くし、保険期間が10年を超える一般住宅向け火災保険の販売を停止する方針を固めました。

 これは、近年、自然災害が増えており、10年を超える火災保険を引き受けた場合のリスクの予測が難しくなっているためのようです

  今回の見直しにより、来年10月以降、契約期間は最長で10年となります。

 長期間保険を契約したい人は満期が来るごとに更新する必要が出てきますが、

 すでに契約済みの長期の保険は維持されるとのことです。

 火災保険は通常、契約期間が長い方が1年当たりの保険料が割安になるため、来年10月以降、長期契約を希望する方にとっては実質的な値上げとなります。

 変更は、来年10月以降ですので、ご希望の方はお早めに。