保険金不払いの調査

 生命保険に入っていた高齢者が亡くなったことを保険会社が把握せず、遺族らが保険金を受け取っていない事例が多いことが、生命保険大手の調べでわかりました。

 保険金の受取人がすでに亡くなっていたり、認知症などを患ったりして、請求できないことが増えているのが原因のようです。

 例えば、明治安田生命が昨年以降、90歳以上の契約者約1万1千人のほぼ全員を調べたところ、2割弱にあたる約2千人がすでに亡くなっていたが、保険金を払っていなかったのです。

 第一生命も、2年前に91歳以上の契約者に電話調査し、連絡がついた約7割のうち数%の契約者の保険金を払っていなかったことがわかったようです。

 調査を行なった2社の生命保険会社は、保険金の支払い漏れがわかった時点で受取人がだれか調べ、すでに大半の支払いを終えたとしています。

 今後、最大手の日本生命と住友生命の2社も年内の調査を検討しており、支払い漏れはさらに増えそうだということです。

 保険金の不払いに関して注意していただきたいのは、「そもそも保険会社は、受取人らから請求がなければ保険金を払う義務は生じない」ということです。

 現在のように、保険会社が調査を行ない、契約者が亡くなったことがわかれば受取人らに知らせて払うようにしていることは、金融庁の指導があるため保険会社がサービスの一環で行なっているということになります。あくまでもサービスです。

 このような保険金不払いというような状況を防ぐには、契約者やその家族が保険会社から毎年送られてくる「現状のご案内」を必ずご家族の分も確認することが重要になってきます。

 毎年送られて来ていた保険会社の書類が来なくなったら、引越しなどされて住所変更手続きを行なっていないことが考えられます。

 自分の財産は、自分で守りましょう。