「教育資金一括贈与非課税制度」のその後

 平成25年度税制改正で創設された教育資金一括贈与非課税制度(直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税)の適用開始から1年が経ったが、信託協会によると、同協会に加盟している信託会社大手6社の昨年4月から今年3月までの教育資金贈与信託の契約件数合計は6万7073件に達し、信託財産設定額合計で4476億円にのぼっており、順調に推移していることがわかった。

 1件当たりの信託財産設定額は、単純平均で667万3326円となっているそうです。

 

 この制度は、平成25年4月1日から平成27年12月31日までの間に、1500万円までの金額に相当する部分の価額については、金融機関等の営業所等を経由して教育資金非課税申告書を提出することにより贈与税が非課税となる制度です。

 

 残り1年半です。活用される方はお早めに...。