法人保険加入後にご注意を

 最近お付き合いが始まった社長様方から「過去に加入した節税保険」について、今後どのように活用したら良いか?という、相談が増えてきました。

 皆様、当時は節税のために良かれと思い加入した保険ですが、現状にそぐわないものになっているというお悩みです。

 これはまだ良いほうで、何でこんな保険に入ったの?と、社長も理解できていない場合もあります。

 既に節税保険なのにピークを過ぎてしまっている保険があり、それだけで残念なのですが、販売した保険代理店から保険の見直しの連絡が来たという話を聞いたときには、2度ビックリしてしまいました。

 誰から入るか、加入後のメンテナンスは十分かなどということは、今更言うまでも無く大変重要です。

 ただ、過去のことをいくら悔やんでも仕方ありません。

 生命保険は、保全知識さえ理解すれば活用方法がたくさん出てきます。

 現状の経営状態にあった保険に変更できるようアドバイスを行なっております。

 法人保険は、上手に掛けなければ10年~20年で高額(数千万単位)な資産運用の失敗にもつながってしまいます。

 気づいてからでも遅くありません。

 上手に軌道修正をして、上手に活用してください。