競馬の外れ馬券は経費になるか?

 「外れ馬券」が経費に当たるかが争われた脱税事件の控訴審判決が5月9日出ました。結果は、1審判決を支持し、インターネットで馬券を繰り返し買った場合を資産運用とみなし、経費になるという判断を示しました。

 

 この裁判は、所得税法違反の罪に問われている大阪市の元会社員の男(40)が競馬で得た利益を申告せず、約5億7000万円を脱税したとして起訴された裁判で、検察・国税当局の見解は、当たり馬券の利益はパチンコなどと同様、偶然で勝敗が決まるギャンブルであることから「一時所得」になるとし、一時所得はその時の費用しか経費にならず、競馬の場合、外れ馬券の購入費は対象にならないとの主張でした。1審の大阪地裁判決は、元会社員が勝敗予想ソフトを使い、ネットで大量の馬券を繰り返し自動購入した点を例外として認定し、外国為替証拠金取引(FX)などと同じ資産運用に当たるとし、その利益は、年間を通して損益を合算できる「雑所得」と結論付けていました。

 元会社員の場合、2009年までの3年間に得た競馬の払戻金は計約30億1000万円。外れ馬券を含め、その間のすべての馬券購入費約28億7000万円が経費になれば、所得は差額の約1億4000万円だ。1審判決は、元会社員を執行猶予付きの有罪とする一方、この計算により脱税額を約5億7000万円から約5000万円に大幅に減らす判決がでていました。

 検察側の控訴棄却を求めた控訴審でも1審の判断を支持した結果となりました。

 

 ギャンブルも例外的に資産運用として認められる判断が出たということです。