どうなる? ゴルフ会員権の損益通算

 皆様も活用されたことがあるかもしれませんが、現行の税制では、個人が所有するゴルフ会員権を売却したときに生じた損失は、その個人の確定申告の計算上、他の所得と通算することが可能となっております。

 

 

○ゴルフ会員権の譲渡による所得/国税庁HP   http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3158.htm  

 

 ゴルフ会員権だけではなく、リゾート会員権なども同様の取扱いが可能となっております。

 今後、これが出来なくなるかもしれないという記事がありました。

 この損益通算廃止は幾度となく登場してきたものの、なかなか改正にまでは至っていませんでした。

 しかしながら、11月28日付の日経新聞朝刊では、「ゴルフ会員権の売却損、所得控除認めず、来年度から、政府・与党検討」とのタイトルで、政府・与党が通算禁止の検討に入ったことが報じられています。

 過去の改正を踏まえると、一番早くて2014年の年明けから通算廃止ということも可能性としてあります。つまり、損益通算可能は年内までとなってしまうことも考えられるのです。

 現在、含み損を抱えている会員権をお持ちで損益通算をお考えの場合には、今後の情報にご注意ください。