相続税が安くなる~広大地評価とは~

 地主さんはあらゆる種類の土地を保有しています。したがって、いくつかのの土地が広大地の該当候補になる場合があります。 しかし、そのすべてが広大地と認められるわけではありません。

 

 広大地の判定が難しいのは、経済的に最も合理的(最有効使用)であると認められる開発行為が、「戸建て分譲用地」と判定され、かつ経済的に最も合理的に戸建て住宅の分譲を行った場合に「潰れ地」(開発道路等)が必要な土地という部分です。

 現状では、解釈がはっきりしていない点があまりに多く国税当局とのトラブルの原因となり、不服審判所や裁判で争われることも多いようです。

 

 とは言っても、広大地の判定如何によって、財産評価額が大幅に違ってきますので是非活用したい制度です。

 先日、当グループで行なった相続税申告でも広大地の判定がOKとなり、相続税の額が大幅に少なくなりました。

 相続税の申告や相続税対策では、評価が大きく変わることがありますので、不動産にも強い税理士に依頼することをお勧めします。