経営改善計画支援事業

 本事業は、借入金の返済負担等の影響による財務上の問題を抱える企業が、金融支援を受けながら経営改善していくことを目的としております。

※この金融支援には、金融機関調整を行なったうえでの、リスケ等のほか新規融資を含みます。

 

 認定支援機関が経営改善計画の策定を支援することで、中小企業・小規模事業者が認定支援機関に対し負担する経営改善計画策定支援に要する計画策定費用及び フォローアップ費用の総額について、経営改善支援センターから、3分の2(上限200万円)の負担を受けることが可能となります。

※借入の金額や売上の規模によって金額の上限が変わります。

 

詳しくはこちらでご確認下さい。⇒