負担付遺贈とは?

 負担付遺贈とは、遺贈者が受遺者に対して、財産をあげる見返りに、受遺者に一定の義務を負担してもらう遺贈のことです。

 例えば、「財産を相続する見返りに年老いた母の面倒を見てもらう」や「家を相続する見返りに、住宅ローンの残りを引き受ける」などです。

 

 また、負担付遺贈では、もらう相続財産の価値以上の、義務を負う必要がないとされています。

 例えば、年老いた母の面倒を見ることを条件に遺贈で1,000万円受け取った場合、1,000万円の範囲内で母の面倒を見ればよいということです。

 

 では、受遺者が負担義務を履行しない場合はというと、 相続人は、 相当の期間を定めて履行の催告が行なえます。

 それでも履行がない場合は、 遺言の取消しを家庭裁判所に対して請求することが可能となります。

 

 <相続税の計算は>

 遺贈を受ける者は、財産を取得すると同時に一定の負担も負うため、その財産 の価額から負担額を差引いた金額に対して相続税が課税されることになります。

 なお、その遺贈を受けたものがその負担を履行することによって、第三者が利益を受ける場合には、その利益を受けたものに対しても課税が生じます。

 負担付遺贈の負担額をどのように評価するかは、個別に検討されることになります。